金庫の鍵トラブルに多い事例と有効な対策法

金庫の鍵が開かない!そんな鍵トラブルのマル秘対処法 金庫の鍵が開かない!そんな鍵トラブルのマル秘対処法

貴重品が取り出せない~金庫の鍵トラブルが起こったら~

番号を忘れて鍵が開かない、施錠に使う鍵をなくしたなど、金庫に関する鍵トラブルのよくあるパターンを紹介します。

結構多い鍵トラブル

鍵トラブルと聞くと、玄関の鍵を紛失したり自動車の鍵が開かなくなったりした状況を想像します。実際には金庫についてのトラブルもたくさんあって、業者への相談が目立ちます。金庫には大切なものをしまっているはずなので、鍵トラブルが起こると不安です。自分であれこれ試していてもなかなか解決できないことが多いため、専門業者に依頼しましょう。

金庫の鍵トラブルのパターン

番号を忘れる
ダイヤル式のナンバーキーがついていて暗証番号を入力して解錠するタイプの鍵トラブルとしては、自分の決めた番号を忘れたケースが想定されます。施錠する際に決めた番号に合わせないと金庫が開かないため、自分では対処できなくなります。タッチナンバー式のダイヤルキーも同様で「番号忘れた」と気付いた場合は、どうにもならない状況です。
鍵を紛失
セキュリティを強化している金庫だと、鍵とナンバーキーを併用します。あらかじめ決めた暗証番号を入力するだけでは金庫が開かず、鍵を持っている人だけが操作できる仕組みです。そのため、たとえ番号を覚えていても鍵を紛失してしまうと、開かなくなります。鍵を壊した、割れてしまったなどの状況も同様で、金庫が開けることができずに困ります。

番号を忘れたら専門業者へ

金庫の暗証番号を忘れた、と気付いた瞬間には頭の中が真っ白になってしまうのですが、必死に思い出そうとするはずです。暗証番号をメモした紙を探したり、あらゆる番号を手当たり次第試したりする方もいます。不安になってうろたえる気持ちは最もですが、冷静になって専門業者に依頼しましょう。金庫が開けば一旦問題は解決するため、心がすっと軽くなります。

未然に鍵トラブルを防ぐ~金庫をうまく活用する方法~

鍵トラブルを防ぐために意識したい金庫活用術を紹介します。番号を忘れた、と青ざめることがないように、リスクヘッジとして活用ください。

金庫の鍵トラブルを減らすコツ

金庫の番号を忘れてしまうのですが、防止するためにはどうしたらいいですか?
意味のある番号に設定すると、番号忘れが少なくなります。生年月日、実家の電話番号など周囲に気付かれやすい番号は避けて、自分だけに分かるナンバーを決めてください。たとえば、産まれたときの体重や好きな歌手の誕生日などが良い例です。より安全管理を徹底するなら、自分だけが分かる番号を逆順にして使うなどして対策ができます。

金庫を買い換えるのも選択肢のひとつ

金庫の鍵トラブルを防ぐため、買い替えを検討するのもいいでしょう。ダイヤル式が苦手なら、テンキー式やICチップカードを使った鍵の種類の金庫などを検討できます。携帯端末のICカードを鍵として使える金庫なら、番号忘れの心配がなく、鍵の紛失トラブルの予防もできます。使い勝手と防犯性をふまえて、自分にぴったりの金庫を探してみましょう。  

TOPボタン